育児 好き嫌い 体重 上の子 下の子

育児 好き嫌い 体重 上の子 下の子

牛乳やヨーグルトなどが嫌いで、体重も平均より少ない事が心配でした

 

3歳の女の子がいるのですが、特にアレルギーなどではないのに、牛乳が苦手です。
以前は少しなら飲めたり、ヨーグルトは食べられたのですが、現在は牛乳はおろかヨーグルトもほぼまったく食べれず、飲めません。
乳製品は体によく発育には不可欠な印象があり、また小学生で給食が始まると必ず毎日出るので、飲めるようになってもらいたいと思いましたが、
無理強いしても逆効果になる可能性があるので、どうしたらよいのか困ってしまいました。
また牛乳以外にも食べ物の好みも激しく、気分にそぐわないとほとんど食べなかったりして体重なども平均より少し少なく、
一般的には気にするほどではないのかもしれませんが、周りから「○○ちゃん、細いね」などと声をかけられると、どうしても過敏に気になってしまいます。
主人はそんなに気にはしていないようなのですが、一人目ということもあるのか、また私自身も小さいころ食が細く母が気にしてかなり大変だったと聞いていたこともあり、
気にせずにはいられませんでした。

 

育児の悩みからストレスがたまり、そこから体調が悪くなってしまうという方もおられます。
そんな方におすすめなのが、トラストウォーターという水素水です。身体の調子を整えたり、ダイエット効果もあるとされています。
トラストウォターの効果は嘘?本当?←気になる方は見てみてくださいね。

チーズなど食べられる食材で栄養を補っていき、色がつかない程度に食事に混ぜたりしました

 

いつかは何でも食べられるようになってほしいという気持ちはそのまま持ち続けながら、まずは子供の食べられる食材で不足している栄養を補っていこうと思いました。
苦手な牛乳から完璧に遠ざけてしまうのではなく、毎日保育園でおやつとともに牛乳は出されるため、牛乳には日々接して、友達が飲んでる姿を見せたりし、”他の子と同じようにやりたい”という子供ならではの気持ちの変化に期待もしました。
また家では、牛乳が飲めなくても他の乳製品、たとえばチーズなどは食べられたので、そちらを食べさせたりしました。
牛乳を連想させるためか、マヨネーズやシチューなど白っぽいものも食べなくなってしまったので、他の食べ物に白くならない程度に牛乳を混ぜて食卓に出したりしました。
段々乳製品の味に慣れてきたためか、今では容器に入って中身が見えていなければ飲むヨーグルトなども少し飲めたり、保育園で一口二口程度なら牛乳も飲めるようになりました。

一緒に読みたい記事